フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

幼稚園児のための

幼稚園児のための
シューベルトの歌曲をお話とお芝居でつないで行くコンサートをトリフォニーの大ホールでやった。

1日2回公演。

この演奏会が実現されるためにはたくさんの方のご努力があったのだろうと思う。

歌手として大きく勉強になった。

子供は桟敷に座らせる。場所はオケピ。もちろんギリギリまで上げた状態。

彼らのためのコンサートだからと言ってステージの間近の彼らに歌ったのでは三階席の奥に座っている園児、お母さんらに伝わらない。

いつもそのバランスを考えながらうたう。

Der lindenbaum のようなゆったりした有節歌曲は子供が集中できずに騒ぎ始めるのではないかと懸念されたが子供は静かに聞いてくれたのは少し驚いたと同時に嬉しかった。

ただ魔王の終盤。間近の女の子の「もう歌わないで」という力ない声が聞こえびっくりして歌いながら心が折れそうになった。一回目の公演のあとセンターでのマイムに被らないために下手によって欲しいと指示がありそのまま上下の園児にまんべんなく歌うのをやめ下手の子供に集中してしまったのだった。あんな間近でバリトンの熱唱を聞いて怖くなったのだと思う。全くかわいそうなことをしてしまった。

鱒ではここぞとばかり思いっきり笑顔でその子がいるエリアに向けてうたった。笑顔で聞いてるのをみて胸をなでおろした。

大ホールで歌曲を歌うことってあまりないのだが今回2千人弱のホールで柔らかく歌う快感を覚えて少し嬉しかった。

2014年1月28日 (火)

平和への道程

平和への道程
いよいよ本番が近づいてきました。

今度はオーケストラも揃い合唱団、ソリストともに言語で演奏します。

一つ気になる事が…

それは、原爆の描写をイギリス人指揮者が細かく我々日本人に教えるという場面がありました。

日本人としてその自覚がありそれを伝えようとしていればそんなことにはならなかったのではないでしょうか。

もっと必死に訴えようとしなければこの曲を、演奏する意義が半減してしまう気がするのです。

あと数日集中しようと思います。

2014年1月16日 (木)

中国地方編

中国地方編
3年間に渡る文♨︎庁時代を担う♨︎♨︎♨︎体♨︎授業が本日の公演を持って終了しました。

ご出演の皆様学校関係者の皆様お疲れ様でした。そしてお世話になりましてありがとうございました。

昨日の代表の生徒さんの挨拶の中で、「一つになることが大事なのだと知りました」と聞いた時。私の心が揺れました。

いろんな人の努力の上にある演奏会。子供達の心に多く物を残せたと自負してます。

自分としても毎日変わる演奏会場でどうやったら一番よく届くかをよく考え実行するというとても良い経験をさせていただきました。

ありがとうございました。

2014年1月13日 (月)

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします
新年あけましておめでとうございます。

皆様今年もよろしくお願い申し上げます。

早速ですが出雲の学校に演奏会をお届けに参りました〜。

写真は山梨付近の山脈です。窓際をお願いしたら反対側の窓際になってしまいました(^^;;

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »