フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

B787

B787
昨日帰ってきました。


念願の787型機でした。


確かに乾燥はさほどしませんでしたね。


期待した気圧の変化の幅は737型機とあまり変わらなかったのは残念でした。


ボタンを押すと曇る窓で遊びました。

2012年9月28日 (金)

第二週目最終日

第二週目最終日
あまりにもいい景色なので、


みなさまにおすそ分け。


街道沿いに一直線に咲いています。


彼岸花。

2012年9月27日 (木)

二週目も明日で終わり。

二週目も明日で終わり。
今回はエスカミリオを歌わせていただきました。


3日連続で。


いやーいい経験をさせていただきました。


かなり緊張しました(^^;;。


大きな収穫もありました。


今日は合唱だったので先輩の闘牛士を舞台上で見させていただいての勉強でした。


やっぱりすごかったです。


明日も頑張ります!


事務所からの差し入れ(^-^)/

2012年9月23日 (日)

第二週目が始まりました。


Photo_2



地元の美味しいものをいただいて頑張りたいと思います!

虹
移動のバスの車窓から見えました。

写真でわかりませんがかなり大きく見えました。根っこ?までくっきり。

2012年9月22日 (土)

宗研土

宗研土
の定期演奏会無事に終わりました。

皆さん頑張りました。一年間お疲れ様でした。

オケの皆様に助けられていい音楽がお客さんに伝わったのではないでしょうか。

2012年9月16日 (日)

ミサ曲第3番 ブルックナー

Scn_0005

宣伝です。

ミサ曲第3番 ブルックナー

鎌倉芸術館

2012年11月24日(土)

ご興味のある方お声掛けください。


2012年9月15日 (土)

Zonavoce

Zonavoce
でのワインとカンツォーネの夕べ無事に終了しました。

関係者の皆様お世話になりました!

地元のお客様と、とてもいい時間が持てたと思います。

実家の近くにあんなに歌いやすい会場があるなんで知りませんでした。

まさに歌向きだと思いました。

自分の声がクセなくクリアに帰ったきて、いやらしい残響がなくかなり歌いやすかったです。

また何かできたらいいなと思います。

その節はまた皆さんご協力のほどよろしくお願いします。

2012年9月 8日 (土)

シアターχの魔笛が

↓2011年
Photo

↓2012年
2012_0729_165529dscf8664




以下、HPより引用。

シアターX「あえて、小さな『魔笛』」(2011年公演)が
第10回佐川吉男音楽賞奨励賞を受賞。

 佐川吉男音楽賞は音楽評論家・音楽ジャーナリストとして、長年にわたり活動した故佐川吉男氏の業績を記念して2003年7月創設。選考対象は、中小オペラ団体が主催する公演で、特に優れた成果をあげたもの。

選考理由
 東京・両国に1992年オープンしたシアターXは、先進的気概に富んだ小劇場活動を多様な分野で続けてきたが、2008年から恒例化している「あえて、 小さなオペラ」シリーズは、創意に富み、かつ質の高い小劇場オペラの可能性を今日のオペラ界に提示している。なかでも2011年8月に「3・11緊急バージョン」として上演された「あえて、小さな『魔笛』」は、小編成で約80分の短縮版ながら、原子力問題を巧みに織り込んだ台本・演出がアイディアに満ちて大変面白く、訓練された若手歌手を中心に音楽的水準もしっかりして誠に得難い公演となった。地元の子どもたちが舞台に参加し、
また客席にも幼児が多数来場して場内に笑い声や歓声が絶えなかったことも、オペラの普及に大きく貢献している。
(佐川吉男音楽賞実行委員)

5年間パパゲーノ役でかかわらせて頂いたプロジェクトなので受賞はとても嬉しいです。劇場関係者、出演者、参加してくれた子供たち、そして一緒に盛り上げてくださったお客様。すべての人におめでとうございます。と言いたいです。

2012年9月 7日 (金)

ヨハネ受難曲

Scn_0001

宣伝です。

今度はどんな新しい発見があるのでしょう。

宇宙のように奥深い素材。

わくわくします。

ご興味があったら是非!

聴きに来てください。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »