フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

青梅共栄ビル

で昨日チャリティコンサートに出演させていただきました。

青梅といえば映画看板ですよね。

ありました!歌っている真後ろにハイジの巨大看板が!

聴いているお客様は常に巨大なハイジの微笑みを浴びながら我々の音楽が聴けるという特殊な空気。またそのハイジの表情が何とも言えません!

その隣のフロアは実際に映画を上演しているそうです。

ぼくが歌わせて頂いた曲は、ドンジョヴァンニの『お手をどうぞ』、セビリアの理髪師『街の何でも屋』、愛燦々、スタンドアローンです。

お客さんに涙目で感動しました言っていただいたのは嬉しかったです。伝わったんだな~とおもいました。

P1070693

共演させていただいたみなさま、ご来場くださいましたお客様そして、ハイジありがとうございました!

2012年5月22日 (火)

久しぶりに興奮しました

ジェンキンス「平和への道程」の日本初演にバスソロで参加させていただきました。

長岡の皆様お世話になりました。

__


写真はゲネプロ↑

録音資料を送っていただき聴いた瞬間惚れました。

まだご存命。しかもまだ若いです。ジェンキンスさん。

本番の日は打ち上げの後帰京し寝ましたが、朝起きたら妻が安眠妨害だ!というのです。

ぐっすり寝ましたが寝ながら暴れていたそうです。確かに眠りに入る寸前まで音楽が頭の中をぐるんぐるん回っていました。そして今この瞬間もサンクトゥスがぐるんぐるん回っています。

今という時代は全ての人が今までに全世界で起こった悲しい出来事、嬉しい出来事を情報として知り、感じ、共感することができます。

すなわち喜びを表現する心も、悲しみを表現する心も今この瞬間が歴史の中で1番幅広いのです。また、その感受性の幅が広い心は、表現力も比例して大きいと思います。(アウトプットには技術が必要です。)

この歴史に起こった全ての悲しい出来事を知る現代人は、その分、自分以外の人間にやさしさを与えることができるのです。

そして人間が今まで開発してきた1番幅広い感情表現ができる楽器とを駆使して今までにない大きな感情表現が舞台上でできるようになったのです。

そんな大きな表現が長岡の市立劇場で行われた!と思ったわけです。

こんなことは初めてです。同じ時代を生きる作曲家の音楽というのはぼくの心にダイレクトに突き刺さり、しみわたり、ぼくの1部になったのではないでしょうか。

音楽との出合いというのはあるものなのですね!

今回その出会いをさせてくださった船橋マエストロに感謝いたします!!!

マエストロと素敵なソリストの皆様!

P1070667


大活躍の朱さまとソリストの皆様!

P1070664

2012年5月21日 (月)

金冠日食

Img_9399kleiner


Img_9406kleiner

Img_9412kleiner


よく見れなかった人におすそ分け~

2012年5月19日 (土)

長岡にきています。

初めての地です。

行の新幹線から八海山がくっきり見えました。

『カールジェンキンス平和への道程』コンサートに呼んでいただきました。

全く初めての作曲家ですが一度聴いたら好きになりました。自分と同じ時代を生きる作曲家だから音楽を聴いたら共感の嵐でした。今日のリハーサルが楽しみです。本番はあしたです。

いまへぎそばを食べ終わりました。
名物らしいです。

布海苔が練りこんであります。歯ごたえは盛岡冷麺の半分くらいですがかなりかみごたえがあります。海藻と蕎麦好きにはたまらない一品でした。

リハーサルに行ってきます。


2012年5月14日 (月)

ジョイントリサイタル2

2

ジョイントリサイタル第2弾!

とにかくブラームスの民謡集は素朴で綺麗で絶対に聴いてほしいです。

楽譜もドイツの楽譜やさんで買ってきました。

ご都合がよろしかったら是非とも応援に来てください。

よろしくお願いいたします。


2012年5月 6日 (日)

ゴールデン

ウィークいかが過ごしですか?

みんさん今年のゴールデンウィークはなにと出会いましたか?お買い物に行ってお気に入りのカットソーをゲットしましたか?BBQをして太陽の下で今まで食べたことなおような美味しいお肉とビールをいただきましたか。

残念ながらぼくはどれもできませんでした。すっごく残念!

でもすごいものと出会いました。

それはオペラを子供に伝えようとする、団体、その名も二期会ブロック活動千葉。

本公演以上にファンのためのコンサート。〓個人的感想です。

それ以上にないと思う分かりやすさ。

一番強く言いたいのが、一度いらしたお客さんは絶対またきたくなる。多分ね。

まさに根本。そこだよ!芸術離れした世の中に一石を投じる、起爆ざいのようなコンサート。

それがこれだ!これだ!これだ!これだっつーの!

客席とステージの一体感を感じたことはありますか。

もう手遅れかもしれません。でもそんなことを地道に、本当に地道にやっている団体とであっていま嬉しいんです。

ぬをおおおお!

大丈夫ですからご心配なく。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »