フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月16日 (月)

第九

第九
昨日、市川市文化センターで第九の演奏会に出演させていただきました。オケをバックにしての四楽章のバリトンソロはむちゃむちゃ気持ち良かったです。

オケ、合唱団、地域の皆さんの一体感を感じる良い団体でした。演奏もとても良かったです。

ベートーヴェンの音楽と演奏者全員の集中力が合った瞬間、シラーとベートーヴェンが伝えたかったメッセージが客席に伝わったと思いました。その瞬間はなんとも言えない充実感と達成感がありました。すべてを一つにまとめ上げた船橋マエストロもすごいと思いました。

写真は演奏後舞台袖で。

皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

2012年4月 9日 (月)

マタイ受難曲

マタイ受難曲
昨日サントリーホールでマタイ受難曲を歌いました。

この本番で感じ取れたことはたくさんあるけど、中でも一番強く感じたのは郡司先生のこのマタイにかける思いだった。

ぼくは本番中、指揮をふってる先生と対面する形で座っていたからそれはひしひしと伝わって来た。

言葉では表現しにくいが多くの人の痛みや悲しみが指揮を振っている先生を通してサントリーホールの中にいる人間すべてに伝えているようだった。

その時自分のおんがくの浅さを知った気がする。いや、ぼくなりに最大限自分の心を開放して人の痛みや、葛藤、喜びを歌ったが、昨日の先生の究極には比べ様もない。そういう言葉で当てはめられる次元ではない。

子ども合唱もとても良かったです。本番でコラール旋律を歌い終わったあとの先生の表情は忘れられません。開演前に子ども合唱にも先生はとても良いことをおっしゃいましたよね。

合唱も素晴らしい出来栄えで指導に関わらせて頂いたので鼻が高いです。

裏方の方々もお疲れ様でした。ありがとうございました。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »