フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月22日 (月)

ちば

本番までには心配していた雨も上がった。

きょうは二期会ブロック活動千葉支部のガラ・コンサート。

その後半にこないだやったフィガロの結婚(抜粋)を上演した。

前回よりかなり解りやすく台本が書き直された。

おきゃくさんの反応など反省点として次回公演にそなえたい。

2009年6月14日 (日)

カルミナ無事終了

札幌交響楽団カルミナブラーナ無事に終了しました。

私は合唱のエキストラと19番のソロを歌わせてもらった。

気持ちのよい2回公演だった。

オフの時間で行った旭川と小樽、いいところだったな。

演奏もそのほかの時間もなんともリラックスした時間。

あっという間の4日間でした。

2009年6月11日 (木)

にしん

にしん
大雨だー

くじけず小樽まで来たぞー。

有名な運河沿いにある倉庫。それを改装した喫茶店にいる。

この店の感じ気に入った。ガラス工芸が名産らしく店が軒を連ねている。この光りはなんと全てランプ。なんでも漁に使うガラスの浮きやランプを作っていた名残だそうだ。このテーブルは実際に使っていた馬車の車輪らしい。カルミナブラーナのテーマフォルトゥーナの車輪を思い出す。

おけ

おけ
今日からおけあわせ。

南北線の真駒内駅からバスで20分ほどいった芸術の森で。

札幌交響楽団とソリストもはいり本番に近い音が出た。なんと気持ちよい曲だろう。

夜食はすすきのでかにラーメン。

2009年6月10日 (水)

どうぶつえん

どうぶつえん
旭山動物園に行ってきた。

レッサーパンダにやられてしまった・・・。

抜群の癒し効果。

カピバラって以外と大きいのね。

動物の数も少ないし敷地もそれほど広くないのに見所満載だった。特に水中動物の展示が凝ってる。メディアでかなり紹介されているが。なるほどそれだけのことはあった。

天気が良くて良かった(^_^)

あーいやされた。

帰ったら写真UPしまーす。

しらかば

いま札幌から旭川に向かって特急で移動中、

ふよみする目を休めようとふと窓から外を見たら白樺の林と青空が広がっていた、はっと子供の頃よく耳にした♪白樺、青空、南風♪がうかんだ。すごいあの歌詞のとおり。


-----------------
sent from W-ZERO3

いくら!

いくら!
いくらもサーモンもウニもおいしー(^_^)

2009年6月 9日 (火)

第九のエキストラ

でオペラシティ。

江原さんの企画。

演奏会の途中愛(人を思いやる気持ちについて)の話あり。

第九を歌い終わった後コンサートホール満席のお客さんの90%がスタンディングオベーション。それも結構長い間続いた。

江原さんはお客さんに何をあたえ、演奏者たちはなにをお客さんからもらったのか・・・。

第九のエキストラ

でオペラシティ。

江原さんの企画。

演奏会の途中愛(人を思いやる気持ちについて)の話あり。

第九を歌い終わった後コンサートホール満席のお客さんの90%がスタンディングオベーション。それも結構長い間続いた。

江原さんはお客さんに何をあたえ、演奏者たちはなにをお客さんからもらったのか・・・。

2009年6月 7日 (日)

BWV30 Choral

「R09_0167.MP3」をダウンロード

全部ぼくの声で作りました。

MTR方式を使ったのは初めて。PCのメインメモリを1G増設したからこんな作業も楽らくだ。

この録音はゾリステンのみんなの譜読みの助けをするためにと、ためしに作ってみた。

結構良い出来なのでUPしてみたくなっちゃった。

これは全部で12トラックつかった。つまり12人の大井哲也が同時に歌っているわけ。すごいでしょ。

ファイルを最小限に圧縮(劣化)させているから音に幅と広がりが無いね。

みんなに配る時は一番良いクオリティのもを作る。

これを各パートの音だけ大きくしそれ以外は小さくしてもう一度レコーディングする。

それをCDにまとめて団員に配るわけ。

そういえば鳴海さんがご指導のとき、ぼくはその時学生だったけど学芸大学の教室に各パート1人ずつ呼ばれて音取りカセットテープをつくったっけ。なんとめんどくさいことをやるのかと思ったが、今考えると譜読みが苦手な人への思いやりだったんだと気づく。

これを聴けばおととりは朝飯前だね。わははは。

自分としても何度もドイツ語の同じフレーズを歌うから、歌うごとにドイツ語の発音と体のバランスを取るので新しい発見があって勉強になる。一石二鳥だね。うふふ。

2009年6月 5日 (金)

カルミナと新曲

今日は新曲ラッシュ。あさはジョンラッター。ティアラはどんな曲を持って行っても最終的にはジョンラッターはないんですかと聞く人有り。気持ち分かるよ。いやされる旋律多し。ABBAとのGAPが良い感じね(^_^)

夜のゾリステンはバッハのカンタータBWV72と30の練習。始まる前からわくわくだよ。やっぱりいいな。バッハ、音を出すと学生から体に染み着いた音楽がよみがえる。先日のフェスティバルに向けてアカペラで歌うことを鍛え抜いたので今日のコラールは初見にも関わらずアカペラでハモるようになった。良い感じだぞその調子で行こう。

カルミナブラーナを歌った後だったから良かったのかな。ははは。


-----------------
sent from W-ZERO3

2009年6月 2日 (火)

ムービープラス

昨日深夜でナインスゲートをちらっと観たら次の映画は魔笛と表示された。これはビデオに撮って研究しなくてはと思いはりきっておきていた。なんと最初は戦場。学生の時に渋谷のビームで演奏したときの演出を思い出す。タミーノが助けてのアリアを歌い出して何か変だと思ったら英語だ。時間があるときにゆっくり最後まで観るんだ。それが始まったのが3:00AMだったから今頭がほーっとしてるよ。夜更かしはいかんですな。


-----------------
sent from W-ZERO3

カルミナ

今日からオルフ作曲「カルミナブラーナ」の練習が始まった。

6月12,13日と二回公演、札幌のコンサートホールきたらで演奏する。

ぼくは合唱のエキストラと19番のソリと一瞬ソロ。

でも言葉が多くしっかり勉強しなくてはと思う。てラテン語と古いドイツ語が入り混じっている。

でもなんと素晴らしい曲だ。全曲素晴らしい。ぼく好み。血が騒ぐ。

北海道も楽しみだな・・・

2009年6月 1日 (月)

世田谷コーラスフェスティバル

海とゾリステンが出演。

海は故郷の四季をメドレーで7曲演奏。全員暗譜で演奏したかいがあり一体感のあるまとまった演奏ができた。

ゾリステンは全員が澄んだきれいな声で耳に優しい綺麗なアンサンブルができた。いままで一番綺麗なアカペラを実現!

両団体満足行く出来だった。


-----------------
sent from W-ZERO3

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »