フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

ありがとうございました

Img_1511 みなさん昨日はお疲れ様でした。

すばらしいマタイ受難曲にかかわれたこと心から感謝いたします。

ぐんじ先生とトーマス教会のバッハ演奏の伝統を受け継ぐロッチュ先生との暖かい友情の中ソリスト、オーケストラそして合唱が昨日本番で心がひとつになったのを感じ演奏中感動で涙が出てきました。バッハが意図した演奏効果が忠実に再現されていた気がします。自然とバッハの笑顔が頭に浮かびました。

微力ながら合唱指導にかかわれて皆さんからたくさん勉強させていただきました。本番合唱とてもよかったです。

ソリストは同級生や世界で活躍中の先輩と一緒にできて刺激になりました。ぼくのピラト、アリアともにロッチュ先生にお褒めに預かれてうれしかった。

また皆さんとご一緒できるように勉強します。

写真はロッチュ先生とソリストの皆様。

2009年3月23日 (月)

ばっは

昨日ロッチュ先生来日されました。

80代とは思えません。

またご一緒させていただけて幸せだ~。

色々歴史的貴重な体験を教えていただきました。

今日は昼間レチタティーヴォだけ稽古していただいて、夜は合唱の皆さんが合流してにぎやかに。

一日中バッハもいいね。

2009年3月21日 (土)

おはぎ

今朝は久しぶりの日本工業大学の卒業式で校歌を歌う仕事。朝早くに東武伊勢崎線の東武動物公園駅まで行く。

ラッシュを覚悟していたけど休日だったんですいていた。よかった。

越谷達之助の校歌なんてかっこいいでしょ。良い曲だよ。

夕方はぐんじ先生の合唱団のお手伝いをしに立川へ。h-mollミサ、バッハ作曲を勉強してる。

すっごい良い曲で5本の指に入る好きな曲だけど、同じテキストで1曲歌い続けるから同じ文章でも繰り返し同じテキストを歌うときにはじめにイメージした心の動きを保っておくのって結構意識していないと忘れてしまって機械的に歌ってしまうよね。注意注意。

休憩時間に生徒さんの手作りのおはぎをいただいたよ。中がもちもちしていておいしかった〜(^^)。ごちそうさまでした。

-----------------
sent from W-ZERO3

2009年3月15日 (日)

ドンジョヴァンニ

昨日東京駅の八重洲口にある東京建物館というホールで本番を迎えました。

みなさんお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

先生にはレポレロはジョヴァンニと同じくらい存在感があって良かったんだよといわれとても悔しい思いをしました。次回またチャンスをいただけたらジョヴァンニを食ってしまう勢いのレポレロを演じてみせる覚悟です。

今日は奥さんの親友の門下生の発表会。

夫婦でゲスト出演させていただきました(^^)

吉祥寺、井の頭公演近くにあるレストランの地下がすばらしい演奏空間。

とてもアットホームな会でとてもリラックスして歌わせていただきました。

シューベルトを歌ったのは10年ぶりくらい?


-----------------
sent from W-ZERO3

2009年3月10日 (火)

東京オペラ

フィガロの結婚

いやー楽しい本番だったな・・・。

無事に終わりました。明日はB組の本番。明日は合わせの後見に行くんだ~。

楽しみ。

間をねつめたらテンポが出る?いやそんなことは関係ない。みんな必要なことを必要な時間をかけて演じている。これ絶対必要なこと。勉強になっちゃったもんね。

演出のこてつ先生のおっしゃったとおりに全員が演じたらこれまた絶対に面白い舞台になること間違いなし。の確信を感じる。

物凄く間を計算されているんだわ・・・。しかし時間が無い・・・

もしまた同じ役をやらせていただける機会があったらぜひやらせていただきたい。

勉強とこだわりこれだ!

雨の中濡れながらゆうゆうロードを歩いていたら後ろから追いついてきたおば様が傘をくれたんだよ。りつという飲み屋さんに置き傘があるからいいんだって。ぼくだっていらないって言ったよ。でもいいんだって。ペイ・フォワードを感じたね。ぼくも人に親切にしてもらったぶん他人に親切にするんだ・・・。

2009年3月 6日 (金)

マエストロ

ドンジョヴァンニの稽古はマエストロ稽古だった。

テンポも良いし気持ちの良い人だった。管楽器出身らしい。歌家の気持ちを分かって下さっている感じがした。管楽器と歌家ってにてるところあるんだよね。一緒にしちゃだめだねごめんなさい。

朝のフィガロの結婚は本番直前で流れの良い稽古だった。おもしろい舞台になるではないか。後数日集中して過ごしたい。

何せ長い一日だったけどゾリステン後の飲み会でおいしい酒を飲んだよ。演奏会後初めての練習。見学の方が見えて、みんな張り切って練習した。是非またいらして下さいね(^^)。みんな久しぶりだったけど元気そうで安心した。いや風邪の人何人かいたな・・・お大事にね。みんなと話せて良かった。安心した。


-----------------
sent from W-ZERO3

2009年3月 4日 (水)

『フィガロの結婚』ご案内

3月9日(月)17:30開場・18:00開演
日暮里サニーホール  全席自由2,000円 発売開始予定 1月15日
東京オペラグループ 勉強会修了公演 主催 東京オペラ
「フィガロの結婚」 
 指揮・演出 小鉄和広
 若手研鑽の場・勉強会による、ピアノ伴奏による簡略公演です。

ぼくはアルマヴィヴァ伯爵役で出演します。

良かったら応援に来てください。

2009年3月 3日 (火)

もものせっく

もものせっく
きょうはももの節句ですね。

海の練習の休憩時間ではみなさまで、あれはなんていお菓子だっけ・・・あっひなあられだったかな?

を食べましたよ。

写真は千歳船橋駅前の老舗っぽい和菓子屋さんのディスプレイ。

日本文化いいね。落ち着く。

今日の練習は二人も見学に見えました。団員も張り切って歌いましたね。

ぜひ入団して下さいね。

2009年3月 2日 (月)

●●権

アリエンティ先生の講義二回目。

物凄く興味深い。

どこからドン・ジョヴァンニからフィガロの結婚に話がそれたのか覚えていないが、

フィガロの結婚に出てくる●●権の話になった。

なぞだった部分がかなりクリアになった。

ここでは書けない。

ごめんなさい。

2009年3月 1日 (日)

やっぱり楽しかった

もう昨日のことになっちゃったけどムジチスタ・スペシャルコンサート無事に終了いたしました。

羽村から駆けつけてくださった皆様やさまざまなお客様に応援に来ていただき感謝しております。おかげさまで気持ちよく歌えました。

なかでもアンコールのカタリをなりた先生とご一緒に歌わせていただいたのは光栄でした。盛り上がって最後の高音を一緒にのばすところは大興奮でした。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »