2018年11月 5日 (月)

しかし、

しかし、
いろんな意味で中国はすごいわ

2018年10月14日 (日)

アルトソロとツーショット

アルトソロとツーショット

鎌倉芸術館マタイ

鎌倉芸術館マタイ
イエスというのはこれまた勉強してもどんどん可能性が出てくる。最終的には自分で決めなくてはならないところ。グレーにしておいた方が良いところ。淡々と歌って聞き手に想像してもらうところ。などなど自分の引き出し全開で勝負ですね。

心をじわっとえぐられるような瞬間が数回あった。

こんな愛について掘り下げてるのに理性を失わない楽曲、しかも現代人の心を揺さぶる曲を発明したバッハ。心から感謝。

お越し下さったお客様、共演の皆様お一人お一人に感謝いたします。

羽村魔笛ゆる通し

羽村魔笛ゆる通し
何とか何とか流れ流ようになってきた。

合唱の表情も明るくなってきた。

モーツァルトは心が冷静の方が一つ一つの音がキラキラ輝くね。強い表現をするからといって力むと輝かないね。

内はみなぎり外は冷静

2018年9月21日 (金)

通し稽古初日

通し稽古初日
皆さんお疲れ様でした。

ただ今自分の足りなさ加減に打ちひしがれております。

次回は足りない分を補って挑むまでです。

合唱団は着実に良くなってます。キャラクターになりきることと客席の奥まで声を届けるように意識が働くともっと良くなります。

皆さん引き続きよろしくお願いいたします。

2018年8月27日 (月)

魔笛 シアターΧ

魔笛 シアターΧ
11年目の魔笛「Χ」終了しました!最後まで盛り上げてくれた小さなパパゲーノ&パパゲーナたち、お越しくださったお客様、共演者の皆さま、そしてシアターΧ関係者お一人お一人に感謝致します。


2018年5月11日 (金)

せめて

逃げちゃ駄目だって、なんかそーゆー漫画ありましたっけ。

逃げるなんてこの歳で、と思うが。

攻めたよ。結果ちょと変になった。共演者は分からなかったと言ってくれるが。

でもどうすれば変にならないかわかった。

わかった。

わかった。

攻めなければ得られなかった。

攻めるのって大変なんだよ。準備が必要だからね。準備をしないで攻めるのはそれは無謀っていうんだよ。

虎穴にいらずんば踊りを踊りたい気分。

2018年5月 9日 (水)

二期会ワークショプ研究会終演

二期会ワークショプ研究会終演
お越し下さったお客様ありがとうございました。

妻と一緒に出演させていただきました。

今回担当させて頂いた演目は以下です。

トスカ&スカルピア

リゴレット&ジルダ(最後のシーン)

ネッダ&シルビオ

エンリーコ&ルチーア

声を出すのに自分では解決できない疑問を答えて下さる先生が同じ楽屋という幸運に恵まれました。

共演の皆様、ご関係の皆様のご努力で演奏会が無事終わったことを嬉しく思います。

皆様お疲れ様でした。お世話になりました。

2018年4月18日 (水)

稽古中息子が膝の上でママが歌うRigoletto atto3 terzettoを聴いて「この曲かっこいいね」父うれちかった

2018年3月21日 (水)

合宿ではないけど

ここ数日の間ローエングリンの合唱稽古が連日ありました。

次回の練習からウィーン国立歌劇場の合唱指揮の方のレッスンになります。

それまでにこの膨大な量の合唱をいかに形にするか。形になるのか。


最初の頃は三時間を過ぎると集中力が切れてましたが、最終日の今日は最後まで集中力が続きました。

引き続き集中したいと思います。

2018年3月17日 (土)

声のお仕事セミナー

声のお仕事セミナー
@羽村市に講師としてよんでいただきました。

毎年行われてる企画で今年は声に関するお仕事のため声楽家である私にお声をかけていただいたのです。

大人に対してのレッスンは慣れているつもりですが、今回は子供。子供にわかりやすく説明するために何をどの順番で説明したら理解してもらえるか頭を悩ませました。何度か台本を書きなをして一番効率よく説明できるように工夫しました。

子供たちは積極的で発声練習から課題曲まで全員がしっかり歌い切ってくれました。講師として大満足です。

子供の可能性は無限だなと感じました。ベルカントを短時間で大雑把にしか伝えられませんでしたが、要点は絞ってしつこく伝えたので復習してくれれば体にはいるでしょう。

はっきりした声で自分をしっかり表現出来る子供が増えること、羽村の未来も明るいですね。

ご関係の皆さま貴重な経験をさせていただきましてありがとうございました。

写真は駐車場に停めた白い車が黄緑に。

2018年3月 8日 (木)

ルーナ伯爵

ルーナ伯爵
皆さんの応援のおかげで本日無事に歌いきることができました!

本当に心臓が口から出てしまうのかと思う位緊張しました!


自分が研修生の時はスタジオでの審査でしたが今日は白寿ホールでの審査でした。

お客様はいらっしゃるし、その後ろには先生方。

全てにおいてベストを尽くさざるをえない状況。


本科の時もそうでしたが「これでいいや」なんて概念はない状態。追い込んで追い込んで自分の持ってるものを絞り出す。

研修生は中にはかなりハングリーがいてうまく行ったと思っても、もっとできるから次はこうしたい、明日はあーしたい。

日々考えてくる。

あー、改めて「これでいーや」なんてのはないな。

本当にそうでなければいけない。心からそう思いました。

こんな気持ちにさせてくれた本科の親分やマスターの親分に感謝いたします。

2018年3月 2日 (金)

ローエングリンの


稽古が始まりました。

予想どうり分量が多いです。

それにしても4時間の稽古は集中力を持続させるのが凄まじく大変です。

マエストロは途中で頭がフラフラするから休憩してもいいですかと。

そうです、男性だけで四声、時にはそれ以上になります。

いかに効率よく練習するか頭をフル回転してるんですね。

頭の中にはこちらに伝えるべきテキストの内容やしょっちゅう転調する和声感や音色の使い分けなどを同時に考えてるのがわかります。

その苦労を考えるとこちらも目がさめるわけです。




2018年2月13日 (火)

助演します

助演します
大野先生のクラス(夜公演)の助演をさせていただきます。『ラ ボエーム』と『イル トロバトーレ 』に出演します。是非お越しください!

2018年2月12日 (月)

脱すら

昨日は二期会オペラ研修所試演会でした。
『リゴレット』『ファヴォリータ』『椿姫』『シモンボッカネグラ』『椿姫』『ドン・パスクワーレ』『シモンボッカネグラ』途中インターバルはありましたがこれを歌い切るには自分の苦手を克服する必要がありました。この数ヶ月頭を使い分析して本番に向けて調整して来ました。こんないい勉強させてくださった親分に感謝です。研修生はとても頑張り、本番に1番いいパフォーマンスを見せてくれました。

2018年1月17日 (水)

ぶっつけ

ぶっつけ
教会はコンサート会場ではないので色々あったらそちら優先です。そんなわけで会場で歌うのは本番のみと。反響板が遠いことに後半になって気がついて大汗かきました。いつも冷静でなければいけませんね。耳をかっぽじって開けておいて、実は聴かないように…。難しいですね。

2017年12月27日 (水)

NHK第九

NHK第九
今日千秋楽をサントリーホールで終えました。

合唱で参加させていただきました。

何回も歌わせていただいてます。

一字一句、全文章を心の底から、腹の底から歌詞の通りに熱唱させて頂きました。

お客様の拍手は豪雨のトタン屋根の下にいるかのようでした。例えが乏しくて申し訳ありませんが、ものすごかったと言いたかったのです。

音楽により観客とステージ上を見事にくっつけたシラーと音楽の力に感動し、感謝するだけです。

ありがとうございました。

2017年12月19日 (火)

餅つきなめてました!

餅つきなめてました!
あの時の息子の笑顔は忘れられないでしょう

レコーディング

レコーディング
いやはやこれほどの達成感を感じるレコーディングはそうそうありません。

«シリオサレジアーノのメサイヤ