フォト
無料ブログはココログ

録音

  • CHORAL
    BACH: BWV30

2017年12月10日 (日)

再演

再演

デュルフレのレクイエムの再演が新宿文化センターでありました。

このホールは東京都合唱祭でおなじみですがソロを歌うのは文化庁のフィガロを歌って以来でした。

ソロはオルガン席で歌いました。オルガンという反響板を背中に歌うのはとても歌いやすかったです。

合唱団の皆さんは前回よりもハーモニーのクオリティが高くなっていてびっくりしました。

6時間メサイヤの後でしたが最後の力を振り絞って歌いました。


トリニティの皆さん貴重な時間をありがとうございました。これからも素晴らしいハーモニーを目指してください。

エクセルのプラネッツ

エクセルのプラネッツ
すぎちゃったけど12/4にエクセルのプラネッツルームの催し物に歌手として呼んで頂きました。

とても格式の高い会で呼んでいただけてとても光栄でした。

50分間いろんな国の歌を歌わせて頂きましたが皆さん盛り上がりながらも真剣に聴いていただいて楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

絨毯敷きだったのですがとても歌いやすかったです。

栄光メサイヤ

栄光メサイヤ
楽しみにしていた栄光メサイヤ全曲演奏が今日ありました。

三時間のリハーサルの後、三時間の本番。

皆さん同じだと思いますが自分との勝負というか、アスリート魂を出さないと途中で自分にやられてしまう感じ。無事に乗り切りました。あっ言い忘れましたが全部歌うんです。合唱も、ソロも。

毎年楽しみにしてるんです。

今年の収穫はトランペットの音色を少し意識できた事ですかね。

ご来場のお客様も本当にお疲れ様でした。
皆さんありがとうございました。

ゴージャスコンサート

ゴージャスコンサート
去年に引き続き夫婦でゴージャスコンサートに出演させていただきました。

思いがけず親戚の方にお会いできたり貴重な時間でした。

小さなパパゲーノは本番が始まる前に寝てしまって今年は出演できませんでした。

お越しくださいましたお客様御来場心より感謝申し上げます。

2017年11月 5日 (日)

アンセム

アンセム
埼玉スタジアムで決勝戦の前にアンセムを熱唱した!

キんもちよかったー!

しかし人間の団結力が生み出すパワーは計り知れないね。キックオフ前の応援合戦を見て感動しました。山をも動かすね!

写真はリハ

2017年11月 3日 (金)

チマッティコンサート

チマッティコンサート
教会の方々のチマッティ作品を大切にする姿勢がひしひしと伝わる1日でした。

大変貴重な経験をさせて頂いて心から感謝いたします。

自分としてはたくさん課題が残る形になりましたがロロピアーノ神父様には「チマッティ神父様の世界感がよみがえりました」とのコメントを頂いてとても幸せでした。

このコンサートに関わられた全ての人に感謝し、この作品が日本中に広まることを願います。

ありがとうございました。

2017年10月31日 (火)

お菓子くれないと~

お菓子くれないと~

今日の指揮者の先生はいいことたくさん言ってた!!

全部メモったぞ!!

ははははあー

2017年10月29日 (日)

チマッティコンサート

チマッティコンサート
今日台風の中最初の通し稽古でした。

なんか普通の舞台とは違うと思ってました。

そうなんです。人が人の幸せのために作曲し、演奏し、企画してるのが今日わかったのです。

他の演奏会もそうですよね。でもね、今日はそれを強く感じたのです。特に稽古後のコンプリ神父の何気ない演奏会の準備の途中経過報告を聞いていだだけなんですけどね…。

オペラ本編もチマッティ神父様が当時の日本の子供達の笑顔のために書いたんだな〜。と思うところが多数あり、他人を思いやる心の必要性というか、人間の優しさの行き先というか。

とても幸せな気持ちで稽古が終わったわけです。

2017年10月24日 (火)

パウケンミサとデュルフレのレクイエム

パウケンミサとデュルフレのレクイエム
先日の台風の中演奏いたしました。


お越し下さったお客様には本当に心から感謝いたします。

演奏会は低気圧との戦いでした。

しかし、パウケンミサが始まるやいなや郡司先生の集中力でステージ場はまさに高気圧へと。

全員の集中力を一気に集める時のお顔を見ておきたかったのですが残念ながら僕の立ち位置からは一瞬も見ることはできませんでした。


夜の公演の主役は東京トリニティコール。

若さ溢れる合唱団です。

デュルフレのレクイエムは私が歌を初めて三曲目に取り組んだ曲だったと記憶しています。

鳴海真希子さんのご指導のもとアマチュアコーラスとして約1年間ほど取り組みました。

経験の少なかった当時は、あの複雑な和声の美しさにも気がつかないで「なんか音が取りづらいな」と頭のなかが疑問でいっぱいのまま歌ったのを覚えています。

あれから20年ほど経ってこの曲を演奏すると各曲に込められた“祈り”や“思い”からこの和声感が生まれたんだと解り、デュルフレの心を自分に近く感じられて自分も少しは音楽家として成長したのかと少なからず思うのでした。

兎にも角にも長い1日、おんがくの共同作業場の皆さんをはじめ共演の皆様お世話になりました。ありがとう御座いました。

写真はフレッシュネスバーガー。新宿文化センターで本番の時はいつも行きます。

2017年10月15日 (日)

コールプルマージュ

コールプルマージュ
コールプルマージュは発足7年目の羽村市のコーラス。

昨日は4回目の羽村市の文化祭参加を果たしました。

少人数多だからと言って密集した立ち位置にはしないで、おおらかにお一人お一人が声を出せるような立ち位置にしてみました。

ピアノは全開の方が音が良いですね。とても良い効果が得られました。

事情があって全団体を聴きました。疲れました!

びっくりしたことにクラッシックの曲を演奏した団体がほとんどありませんでした。

昭島の合唱祭でも同じことを感じました。

今回プルマージュでクラッシックを取り入れたのでそう感じたのだと思います。

近現代曲よりクラッシックの方がフレーズを作りやすいと感じました。

それに木の反響板にはクラッシック音楽の方が綺麗に跳ね返るのがわかったのも今回の新しくわかったことです。

これからも積極的にというか私はクラッシックの専門ですから絶対に自分のためにもクラッシックを取り入れてやっていきたいと思います。

2017年10月13日 (金)

三善晃

三善晃
三善 晃作曲『三つの叙情』より「或る風に寄せて」、「ふるさとの夜に寄す」を歌いました。難しかったですが全員が一丸となって頑張りました。色々ありましたが今までで1番濃い演奏ができました!皆さんお疲れ様でした。

2017年10月 3日 (火)

絹のはしご


ロッシーニの設定したテンポはめちゃ速い。
そして音符の数が半端なく多い。自分が歌えるテンポで歌うのではない。ロッシーニのテンポで歌わないと面白くもなんともない。できるかできないかのギリギリの所。音楽が走り始め、臨界点ギリギリの集中力を保ったまま細かい音がパキパキ決まった時のあの快感は病みつきだ。次にこの役をやらせてもらえるときがきたらと思うとなんか背中がくすぐったくなる。

2017年10月 1日 (日)

ロッチュメモリアル3

ロッチュメモリアル3
昼はパウケン ミサ、夜はデュルフレのレクイエムのバリトン ソロを歌わせていただきます。

ご都合が宜しかったら是非お越しください!

宜しくお願い致します。

ロッチュメモリアル3夜公演

日付2017/10/22(日)夜公演時間開場18:00 開演18:30会場新宿文化センター大ホール入場料2000円(全自由席)※
ラフマニノフ:晩祷より 1番~4番
フォーレ:レクイエムより
デュルフレ:レクイエム
アルト:増田弥生/バス:大井哲也
合唱:東京オラトリオ研究会
ゲスト出演:東京トリニティコール
オルガン:浅井美紀
オクタヴィスト:鈴木雪夫
指揮:渡部智也(ラフマニノフ、デュルフレ)、右近大次郎 (フォーレ)■主催:東京オラトリオ研究会
■共催:認定NPO 法人おんがくの共同作業場※こちらの夜の部の公演は同日10/22昼の部の半券でもご入場になれます。

ロッチュメモリアル3

2017/10/22(日)昼公演
時間開場13:30 開演14:00会場新宿文化センター大ホール入場料S4000 A3000 B2000(全指定席)※J.S.バッハ モテット:イエス わが喜び Jesu,meine Freude
佐藤眞:混声合唱のためのカンタータ 土の歌
ハイドン:戦時のミサ Pauken Messe指揮:郡司博(バッハ、ハイドン)、渡部智也(佐藤眞)
ソプラノ:國光ともこ/アルト:増田弥生/テノール:土﨑譲/バス:大井哲也
カウンターテノール:堀江真鯉男
合唱:東京オラトリオ研究会、欅の会
賛助出演:東京トリニティコール、新星合唱団、東京ライエンコーア
管弦楽:オラトリオ・シンフォニカJAPAN■主催:東京オラトリオ研究会
■共催:認定NPO 法人おんがくの共同作業場

2017年9月23日 (土)

絹のはしご&ジャンニスキッキ

絹のはしご&ジャンニスキッキ
無事に終了いたしました。お越し下さったお客様、心より感謝いたします!

本当に共演の皆様のお力をお借りして乗り切れたのです。

やりきったというよりは、やっちまった感じですが声楽技術の全てが盛り込まれてると言っても過言ではないロッシーニをこのメンバーで歌わせていただけたのはラッキーでした。

一見音符の数が半端なく多いこの作品。気張らないと乗り切れない錯覚に陥りますが、気張っては歌いきれない。どんなに怒っても全身の力を抜き横隔膜の周りを解放してしなやかに声を出す。人間の集中力の120%のところを保ちながらそれを平常心で歌い演じる。それが自然に見えたら観客をもっと魅了できるのかななんて思いました。

写真は召使い役だったのでこれにアームカバーと白い割烹着。完全な写真がなかったのでご想像ください。

今日はこれの力を借りました。

今日はこれの力を借りました。

2017年8月23日 (水)

電車の中で何処かで

電車の中で何処かで
はうってるなと思ったら。自分の鞄の中だった。

2017年8月22日 (火)

え?仕事ですよ。仕事^_^

え?仕事ですよ。仕事^_^

2017年8月21日 (月)

前方確認よーし

前方確認よーし

«鎌倉セレブ合唱団時間変更